これが男性ホルモンの新常識!?テストステロンの正しい増やし方 TOP

あなたは自分の中にある男性ホルモンの量が、仕事やプライベートまたは家庭内環境にどのように影響しているかなど考えたことはありますか?

じつは、最近の研究で、男性ホルモンは精力だけでなく、ビジネスにおいての決断力からメンタル面、さらに重大な病気にまでさまざまなところで関係しているという事実はわかってきているのです。

もし、あなたが40歳以上でまだまだこれから新しいビジネスを展開してお金を稼いだり、20代の若い女性にもてたいなら最後までお読みください。

まずは、最近の研究で男性ホルモンに関しての新事実みてください。


  • 男性ホルモンが多い男性は、闘争心や冒険心が強く、チャレンジ精神にあるれている。自分を表現する高い能力を持っていて人の心をつかむのがうまい。
  • 男性ホルモンの量が多い人ほど、ここぞというときに勝負に出て、大きく投資をする傾向がある。
    (男性ホルモンと年収の相関関係より)
  • 人差し指に比べ薬指が長いひとほど、男性ホルモン値が高い
  • 男性ホルモンの高い人ほど無用な対立は避けて周囲に公平な態度で接する
    (スイスの経済学者エルンスト・フェールの研究により)
  • 男性の汗の成分であるアンドロスタジエノンにはフェロモン作用がある。そして、このアンドロスタジエノンという物質は、男性ホルモンから合成されている。
  • 男性ホルモンは、20歳前後をピークに40歳を過ぎると一気に下がっていく。
  • 最近の研究で、男性ホルモンが低下すると、寿命が短くなる傾向がある。
  • アスリートを対象にした調査で、男性選手の男性ホルモン値は、競争の前に上昇して、勝利とともにさらに上昇する。そして、勝負に負けると男性ホルモンが低下する。
  • 男性ホルモンの量が減れば活力不足の老けた顔になる。
  • 過度なストレスがかかると、脳からの指令でストレスホルモンが分泌され、男性ホルモンの分泌が抑制される。
  • 肥満によるポッコリお腹は、男性ホルモンを確実に減少させる。
  • 米国で行った肥満と男性ホルモンに関する調査では、男性ホルモンの低い男性は、メタボリスクがそうでない人の3倍高い。
  • 男性ホルモン値が低くなると、中性脂肪の値が高くなる傾向がある。
  • 男性ホルモンが急激に低下すると、不安やイライラ、不眠、集中力の低下、記憶力・精力の低下があらわれることがある。
  • 体を冷やす食生活は、男性ホルモンを低下させる。

テストステロンの正しい増やし方

自分の右手の人差し指と薬指を見て下さい。
どちらが長いですか?

指

人差し指に比べて薬指が長いほど、男性ホルモン値が高いという事実。

これは、色んな番組でも取り上げられているかと思いますが、母親の子宮の中で男性ホルモンに多くさらされると、薬指が長くなると考えられているからです。

胎児時に男性ホルモンを大量にあびると、『直感』『創造性』『空間把握能力』といった右脳を発達させます。

逆に、胎児時に女性ホルモンをたくさんあびると、女性的で温和でやさしい性格いわゆる草食系になるといわれています。

今の若い女性ならこちらの方がもてそうな気もしますが・・・。

もし、あなたが、薬指の方が長く、男性ホルモンが活発なはずなのに今一活力や精力がないとかんじるなら問題です。

これが30代~40代前半ならなんらかの理由でガクンと男性ホルモンが低下している可能性があるからです。

男の健康バロメーター『朝立ち』を確認してください!

朝ちゃんとおテント張っていますか??

じつは、男性の朝立ちこそが、重要な健康のバロメーターなんです。

寝起きに勃起するには3つの条件が必要です。

男性ホルモンであるテストステロンが高く保たれていること。副交感神経が優位でリラックスしていること。そしてもう一つは、目が覚めるときの眠りが「レム睡眠」であることです。

睡眠中は、レム睡眠とノンレム睡眠の二つが交互に繰り返されているのは知っていますよね?
レム睡眠は、浅い眠りで脳も活発に動いていて、この時に起きるのがいい睡眠の条件です。

そして、朝立ちをするのはレム睡眠の時だけです。

リラックスしていて適度に男性ホルモンが分泌されていて、さらにレム睡眠で起きるとき。この条件がそろった時に男は朝立ちをするのです。

ですので、決して朝立ちを見くびってはいけません!

まずは朝立ちする体をつくることです。

男性ホルモン=テストステロンを増やす方法『俺流』

テストステロンとは、男性ホルモンの一種で、通常男性ホルモンとはテストステロンのことをいいます。

そして、このテストステロンを増やすことによって、朝立ちも解消され、精力も回復し、若々しさが戻ります。

ここからは、色んな本を参考にしながら自分流にアレンジした方法を紹介しています。ただし、医学的に証明されたものではありません。ですが、やってみる価値はあります。

じつは、私も精力も弱く、朝立ちもあまりしなかったほうでしたが、これらの方法を取るようになってからほぼ解消されました。

あたなもこれらを参考にしながら、自分でできることを取り入れてアレンジしてください。

その1:夕食時に一番最初に山芋を食べること!

ヤマイモ

いきなり山芋か?って思わないでください。山芋は、滋養強壮に血糖値上昇を抑える栄養価値の高いすぐれた性のつく食材です。

食べ方は簡単。山芋を買ってきたら、皮をむいて、包丁で好きなサイズに切って、かつお節とポン酢をかけて終わり。

ヤマイモの料理

私の場合、これに日本酒の熱燗約0.5合程度と一緒に飲んでいます。

まずは、一週間試してください。ぜんぜん変わります。

その2:生姜を食べること!

生姜

こんどは生姜かって思いますが、生姜をなめてはいけません。

生姜には、ジンゲロールとショウガオールという成分が含まれていて、生で食べると免疫力アップ。熱を加えて食べると血流がよくなり、体温が上昇します。

生姜の使い方は、奥さんに相談すればいいと思いますが、私の場合は、生姜+お茶で毎日飲んでいます。

生姜+お茶

これが一番手軽で簡単で効果あります。飲んだらすぐに体がぽかぽかしてきます。お風呂前に飲むと更に効果は倍増で、きれいな汗がでて、更に血流がアップします。

その3:玉ねぎ・長ネギ・ネギなどのネギ類を食べること!

玉ねぎ

最近の研究で、玉ねぎに含まれている成分がテストステロンを増やす効果があるとわかっています。また、野菜の中でも玉ねぎは糖質が多く、ほとんどがエネルギー源として使われるので、
疲労回復にももってこいです。

玉ねぎは、男性ホルモンを高め、精力を増強し、血液をサラサラにし、疲労回復、精神の安定にも役立つスーパー食材なのです。

玉ねぎとの最高の相性は、ビタミンB?を豊富に含む豚肉と一緒に食べることでさらに効果倍増!

玉ねぎたっぷりの豚の生姜焼きがおすすめ!

その4:同僚と焼肉を食べる!

焼肉

最近の家庭では、家で焼肉をすることがほとんどなくなった。特に都会のマンションに住んでいる人は、基本奥さんが嫌がる。

私の家庭でも新築のマンションに移ってから一度もしたことがない。子どもたちは焼肉の美味しさすら知らない。

焼肉は、場所といい食材といい男性ホルモンを活性させるのにもってこいです。

その5:糖分たっぷりの缶ジュースは飲まないようにする!

缶ジュース

糖分たっぷりの缶ジュースは確実に男性ホルモンを低下させます。

特に、糖分入りの缶コーヒーを1日に何本も飲む人は、要注意です!余分な糖分が体に入ると血糖値が上昇してそれを抑えようと膵臓からインスリンが分泌されます。

そして、間もなく血糖値が急激に抑えれ、結果血糖値の乱高下が状態になり、男性ホルモンが低下します。

その6:食べ方を変えること!

特に男性は、自分の好きなものから食べる人がほとんどです。いきなり主食から入ってそして、ご飯をがっつく。これやってません?

なぜこれがいけないか? ご飯は、ほとんどが糖分です。いきなり糖分を体に入れると先ほどもいいましたが、血糖値が急激に上昇してしまうのです。

おまけに食べ過ぎてしまうからです。

では、何から先に食べたらいいか?

まずは、野菜類から。消化のいい野菜類から食べることで、血糖値の急激な上昇が抑えられます。

そして、主食で最後にご飯です。ご飯、麺類などの炭水化物は、最後にまわすのです。

そうすることによって、ご飯の食べすぎを防ぐことができるのです。

大事なポイントですので、一度試してみて、習慣にしてください。

リンク:『40歳からの食生活が人生を変える!?5つの大事なコト』

こちらの記事もぜひ読んでくださいね。

その7:下半身を鍛えること!

スクワット

下半身の筋力の衰えは、精力不足になります。特にオフィスワーカー。

まず、普段意識したいのはウォーキング。1日最低でも30分歩くようにしましょう。

理想は、インターバルウォーキング。約1分間隔で早歩きとゆっくりと歩くのを交互に行うウォーキングです。

これをすることにより、細胞内のエネルギー発電所のミトコンドリアという物質が活性され、より多くのエネルギーが作られます。

また、下半身の血流もよくなり勃起力も回復していきます。

おすすめの時間は、食後30分~1時間の間です。1時間以内10分程度のウォーキングをすれば、血液中のブドウ糖が燃焼され、血糖値が安定するからです。

リンク:『ミトコンドリアの活性方法』

もし、外であるくのはしんどい人は、自宅でスクワットもしくはストレッチでもかまいません。

とにかく下半身の筋力を意識して使いましょう。

理想は、1日30分のウォーキング+寝る前のストレッチ

これを毎日やれば確実に若返ります!

リンク:『ストレッチの効果!』

こちらの記事も合せて読んでくださいね。

その8:お風呂に20分入って汗を流すこと!

入浴

ぬるいお湯につかるか熱い40℃以上のお湯につかるかは、専門家の間でも意見が分かれています。

なので、自分が気持ちがいいと感じる温度で入るのがいいかと思います。

最初は、汗が出なくても、続けていくうちに入って約10分もすれば汗がだらだれと出てきます。

入浴前後には必ず水分補給しましょう。

その9:普段の生活の中で小さな習慣、小さな成功を作ること!

小さな成功

冒頭の例文の中に、勝負に勝つと男性ホルモンが上昇すると書きましたが、何も大きな成功だけではありません。

小さな習慣や小さな成功を積み重ねることによって自信がつきます。

この自信が男性ホルモンをアップさせるのです。

ちょうどこの記事を読んでいるあなたは、この中から1つでもいいので実践して続けてください。
自分の体が変わってくればそれは、間違いなく成功です。
その積み重ねが男性ホルモンをアップさせるのですよ。

その10:できるだけ午前中に重要な仕事を終わらせること!

朝活

男性は、午前中(特に朝)が男性ホルモンのピークです。昼から夜にかけて徐々に減ってきます。

男性ホルモンは寝ている間に生産されるので朝は一番濃度が高くなります。

男性ホルモンがでているときは、決断力・判断力もアップしているので、午前中に重要な仕事は終わらせるようにしましょう。

また、サラリーマンで、サイドビジネスや起業を考えている方は、この男性ホルモンがピークの朝、出社する前の時間を使って活動してください。

毎日朝に1時間でもとれれば成功がぐっと近づきます!

その11:できるだけいい女、かわいい女を見る・お話をする・ご飯を食べること!

きれいなお姉さん

嫁には申し訳ないが、これは男性ホルモンが活性されるのは間違いないです。

夕方にかけて男性ホルモンが減ってくるといいましたが、夜になるとさらに減ります。

仕事が終わってまっすぐに家に帰って、お風呂やお皿の1枚でも洗えば、嫁はよろこぶと思いますが、

残念ながら男性ホルモンは減ってしまいます。まして、嫁の疲れた表情を見るとさらにダウンします(笑)

仕事が終わってから、若くてかわいい女性に会うと思っただけでワクワクしませんか?

これはご自身の責任でしてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私が普段実践している11の方法をご紹介させて頂きました。

どれも、だれでも今日からできることばかりです。

もしかすれば、他にもいい方法があるかもしれませんが、まずは1つでも自分で試してみることです。
そして、それを習慣づけていくことが肝心です。

毎日実践すれば、朝起きた時に違いがでてくるはずです。朝から元気になればその後の何十年間のライフ生活がかわります。

もしかすれば、あなたが長年抱いていた夢や若い女性が手に入るかもしれません。